2009年06月19日

不合格から学ぶ合格法 全資格試験共通編

「このまま永遠に試験に合格できなかったらどうしよう…」

「もう同じ試験に3回も落ちているし、私には無理なのだろうか…」


とたった一人で悩んでいた。

試験直前にならないと勉強しない男性が、あっさり国家試験合格できた方法があります。合格のコツは不合格の中にあります。

合格者だけが知っている「30の秘密」を知るだけであなたの合格率は格段にあがります。

今年合格したい、もう後がない、そんなあなたにゼロから全て教えます。



不合格から学ぶ合格法(全資格試験共通編、宅建、簿記、技術士、土木施工管理技士、測量士、土地家屋調査士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、保育士、税理士、薬剤師の合格者だけが知っている秘密とは?)
ラベル:資格 対策 試験
【関連する記事】
posted by 年金通 at 23:02| Comment(1) | 国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金の加入と受給

日本の年金制度は3階建てとなっている。原則として、20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての国民は、国民年金(給付または受給段階では老齢基礎年金と言う)に義務として強制加入し、資格期間が25年以上ある人が65歳になった時に1階部分として老齢基礎年金を受給できる。

民間サラリーマンや公務員等には、厚生年金や共済年金に企業や組織が義務として強制加入しなければならず、自動的に加入していると見なされる1階部分の老齢基礎年金に加えて2階部分の老齢厚生年金や退職共済年金を受給できる。

このほか、任意の選択として個人では国民年金基金や確定拠出年金に、企業では社員のために各種の企業年金に任意に加入して掛金を拠出し、老後に給付することができる。
更に勤務先に関係なく、全くの個人の選択として個人年金とされる年金保険なども有る。

また、障害者になった場合には障害年金が、死亡した場合には遺族年金が受給できる。


■その仕組み

1階部分(公的年金)
最低限の保障を行う国民年金(基礎年金、老齢基礎年金)(保険料は定額)

2階部分(公的年金)
現役時代の収入に比例した年金を支給する厚生年金、共済年金(保険料は収入の一定割合)

3階部分(私的年金)
企業年金(厚生年金基金、確定給付年金等)、確定拠出年金(企業型、個人型)、国民年金基金(2階部分に当たる公的年金が存在しない為、本基金を「2階部分」に分類する場合がある)


国民年金保険料は、2005年4月から毎年280円ずつ引き上げ、2017年度には月額16,900円に固定する計画。厚生年金保険料は、2004年10月から保険料率(労使折半)を毎年0.354%引き上げ、2017年9月から18.3%に固定する計画。

ラベル:加入と受給
posted by 年金通 at 22:52| Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。