2010年03月06日

国民健康保険について

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)は、日本の国民健康保険法に基づき、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して、医療の給付又は医療費等の支給をする社会保険である。

主に地方公共団体が運営し、被用者(民間のサラリーマン)の健康保険や公務員等の共済組合などとともに、日本における医療保険制度の根幹をなすものである。

略称は国保(こくほ)と言われ、被用者保険は社保(しゃほ)と呼ばれる。

ラベル:国民健康保険
【関連する記事】
posted by 年金通 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。